液体窒素を使ったいぼ治療|いぼの改善にはレーザー治療が最適【効果の高さを紹介】

いぼの改善にはレーザー治療が最適【効果の高さを紹介】

液体窒素を使ったいぼ治療

顔を触る人

治療の流れを理解しよう

液体窒素を使ったいぼ治療というのは、簡単にいうと皮膚の細胞を凍傷させたり溶かすことを繰り返すことで、ウイルスのすみかとなっている皮膚の浅い部分の細胞を破壊してウイルスをやっつけることができますし、炎症を抑えることができます。そのため、アトピー性皮膚炎の人にも使用されることもあり、多くのクリニックで用いられている治療法といえます。いぼの大きさや種類、数などによっても異なりますが治療は数分程度と短時間で終了し、治療した部分が水ぶくれになる場合もあります。ただ、次第にかさぶたになり2週間程度を目安にかさぶたがとれていきます。顔などにできてしまったいぼを治療する場合には、2週間程度は目立つかさぶたができてしまいますし、色素沈着が残る可能性もありますからできれば炭酸ガスレーザーを使った治療を行った方がよいでしょう。かさぶたがとれた後皮膚の凹凸がなくなっていれば治療は1回で終了しますが、まだ凸凹が残っている場合にはさらに治療を続けていきます。通常、みずぶくれができた後血豆のように変化してもその後はかさぶたになっていきますから心配はいりませんが、水ぶくれが破れてしまったり周囲が赤く腫れてしまった場合には早めにクリニックに相談した方がよいでしょう。液体窒素で治療できるのはすべてのいぼではなく、ウイルス性の手の指や足の裏にできてしまった尋常性疣贅や老人性・脂漏性角化症、高齢などで手術ができない皮膚癌の一種となります。液体窒素は痛みを伴いますから、なかなか選択できないという人もいるかもしれませんが、一般的に顔や首、体は痛みが少なく爪周辺や指先・手などは痛みが強いと言われています。皮膚科の保険診療で手軽に受けることができますし、1回1500円程度の安価な費用で受けられるというメリットがありますが、ヒリヒリとした痛みがあったりいぼがとれるまでトータルで数ヶ月かかる場合がある。炎症後色素沈着と呼ばれるシミができることがあるなどのデメリットもありますから、事前にしっかりとメリットやデメリットなどを理解しておくことが大事です。特に、炎症後色素沈着というのは、ほとんどの人に見られる副作用で、いぼがなくなってもシミが気になってしまうケースも少なくありませんから、顔や首などの目立つ部分を治す場合には、慎重に選ぶ必要があります。傷跡もほとんど残らず、痛みや出血が少ない炭酸ガスレーザーはウイルス性のいぼには不向きとなりますから、自分のいぼの種類などをきちんと理解しておくことが大事です。