いぼの改善にはレーザー治療が最適【効果の高さを紹介】

いぼ治療の種類や特徴

カウンセリング

皮膚が柔らかい部位に出来るいぼの症状は、肌質や年齢によって原因が異なるため自分に出来たいぼの原因や適切な治療法を知るためにもまずはかかりつけの医療機関で診察を受けることが大切です。

More...

いぼの治療は皮膚科で可能

ドクター

いぼには種類があり、種類にあった治療をすることが大切です。良性で感染しないものもありますが、ウイルス性のものは数が多くなったり、他の人に感染させるため早期治療が大切です。

More...

液体窒素を使ったいぼ治療

顔を触る人

クリニックで行ういぼ治療は液体窒素を使った治療が一般的ですが、痛みや出血を伴いますから敬遠する人も少なくありません。ただ、液体窒素を使用して皮膚の浅い部分の表皮細胞を破壊することで、免疫が活性化され炎症を抑えることもできます。

More...

いぼの治療は専門医が安心

ナース

目立つ場所にいぼができてしまうと気になって触ったり、人に見られているかもしれないと強いストレスになってしまいます。いぼの治療には市販の薬などもありますが、専門医や美容外科で適切に処置してもらうほうが、ほとんど跡も残らないので安心です。

More...

いぼを治療する

看護師

効果的な治療法

いぼは一度できるとなかなか治りませんし、大きくなるとかなり目立ってしまいます。気になるいぼを治すためには、炭酸ガスレーザーを使って治療が行われることが多いです。炭酸ガスレーザーは皮膚の水分に反応するという性質があります。いぼは他の部分よりも水分が多く含まれているため、レーザーを当てるとその水分に反応して熱エネルギーが発生します。熱が蒸散するときにいぼの組織が切り取られるという仕組みであり、1〜2回の治療で完治することも大きな特徴です。ちなみに、レーザーによる治療はウイルス性のいぼだけでなく老人性のいぼにも効果があります。まずはいぼの状態や大きさ、数を確認するために診察を受けることになります。次にレーザーのテスト照射を行って体質的に問題がないかどうかをチェックします。テスト照射による傷が治ってから費用の見積もりを出してもらうことになります。さらに施術の日程を決めて予約を入れることになるでしょう。施術の際には麻酔を使うことになるため、痛みなどはほとんど気になりません。拡大鏡で確認しながら丁寧に照射を行っていきます。照射後はしばらく肌を冷やし、炎症を予防するために薬や軟膏を塗りましょう。麻酔が切れると多少の痛みを感じますが、心配するほど傷むことはないでしょう。心配な場合は痛み止めを処方してもらうのがおすすめです。施術翌日と1〜2週間程度経過したら傷跡をチェックします。問題が無ければ通院は終了となり、自宅でのケアを続けましょう。レーザー治療の当日は照射した部分を水に濡らさないようにすることがポイントです。傷をしっかり保護できれば入浴することもできます。施術を受けて1週間程度で新しい皮膚ができてきますが、かさぶたができても無理に剥がしてしまうのは良くありません。傷跡が残りやすくなるため、かさぶたが自然に剥がれるのを待ちましょう。ちなみに、肌を乾燥させるとウイルスに感染しやすくなりますし、いぼが再発しやすくなります。再発を防ぐためには肌をきちんと保湿しましょう。また、レーザー治療後の肌はデリケートな状態になっています。赤みがあるうちはバリア機能が低下しており、色素沈着や炎症などが起こりやすい状態なので注意しましょう。特に紫外線を浴びるとシミなどの原因になってしまうため、外出の際にはきちんと紫外線対策を行うことがポイントです。料金はいぼの大きさによって異なっていますが、1mmあたり2000〜5000円程度が相場となっています。大きい場合や数が多い場合は費用が高くなると知っておきましょう。